セフレ募集

Posted in 未分類 on 5月 31st, 2019 by uqjp04

俺は21歳大学生。やっとの思いで受かった大学なのにだんだん飽きてしまいつまらない生活を送っています。ところがあることをきっかけに大学生活が楽しくなりました。
その理由は、高校の仲間と会った時に彼女がいると教えてくれました。その子の写真を見せてもらうとなんと同じクラスの夏菜子でした。しかも夏菜子とは比較的に俺も仲が良かった。だから俺は知っている。夏菜子には別の彼氏がいることを。友達は遊ばれているなと思いました。
セフレ 掲示板
後日、夏菜子と2人で居酒屋で飲みに行きました。その時に「彼氏以外の人と付き合っているだろう。セフレ募集でもしてるのか。」冗談で言ったつもりが「セフレ募集しているの何故知っているの。彼氏には秘密にしてね。なんか、エッチが合わなくて。」と、夏菜子の意外な性格を知りました。「俺のあれは結構デカイよ。試してみるか。」酔った勢いで言ったら夏菜子は俺の足を自分の足で突き「良いよ。」と、言ってくれた。
しかし、俺たちはお互い実家暮らし。こんな遅い時間に家を連れて行くのも微妙だったので漫喫へ行きました。絶対声は出せない。絶対音も出してはダメ。そんな緊張の中でキスから始まった。既に俺のアレは大きくなっていて、夏菜子はそんな俺のアレをしゃぶる。もちろん、音を出さないように静かにゆっくりだけど、耳元で「本当に大きいね。」と、言われもうイキそうになった。漫喫はそういう場所ではないと分かっているけど、やばいです。
不倫掲示板
セフレ掲示板